咲くやこの花法律事務所の実績例

咲くやこの花法律事務所で申請した障害年金の実績の一部をご紹介します。

精神疾患

気分障害で2級が認定され、約420万円がさかのぼって支給された事例

40代女性
傷病名
気分障害
初回入金額
約418万円
認定結果
障害基礎年金2級
毎年支給額
約100万円
相談までの経緯
家族に不幸があったことをきっかけに気分の落ち込み、苛立ち、不眠等の症状が出現。病院を受診したところ、気分障害と診断された。
結果
咲くやこの花法律事務所に申請を依頼し、障害基礎年金2級が認定され、4年分がさかのぼって支給された。

躁うつ病で2級が認定され、約390万円がさかのぼって支給された事例

20代女性
傷病名
躁うつ病、双極性感情障害
初回入金額
約390万円
認定結果
障害基礎年金2級
毎年支給額
約78万円
相談までの経緯
高校生の頃に、被害妄想等の症状が出現し社会不安障害と診断された。その後に躁うつ病と診断され、現在まで通院を継続している。
結果
咲くやこの花法律事務所に申請を依頼し、障害基礎年金2級が認定され、5年分がさかのぼって支給された。

うつ病で一度不支給となったが、咲くやこの花事務所に依頼して2級となり、さらに約420万円がさかのぼって支給された事例

30代男性
傷病名
うつ病
初回入金額
約418万円
認定結果
障害基礎年金2級
毎年支給額
約78万円
相談までの経緯
15年以上前にうつ病を発症した。進学のため一人暮らしをしていたが、うつ症状のため一人で暮らすことが困難になり、大学を中退し実家で暮らすようになる。アルバイトをすることもあったが、出勤できなくなったりすることが多く、短期間で退職していた。その後家から出ることができなくなり、家族と話をすることも難しい状態になった。障害年金を一度申請したが不支給となっていた。
結果
咲くやこの花法律事務所に申請を依頼し、障害基礎年金2級が認定され、あわせて、5年分がさかのぼって支給された。

統合失調症で2級が認定され、毎年支給額が約133万円となった事例

50代男性
傷病名
統合失調症
初回入金額
約10万円
認定結果
障害厚生年金2級
毎年支給額
約133万円
相談までの経緯
自分の考えが他人に知られている、自分の悪口を言われている、他界した親族が自分を呼んでいる等の幻覚、幻聴の症状が出現。統合失調症と診断される。ご本人が外に出ることが難しい状態であったため、ご家族が咲くやこの花法律事務所に相談。
結果
咲くやこの花法律事務所に申請を依頼し、障害厚生年金2級が認定された。

知的障害

知的障害で2級が認定された事例

20代男性
傷病名
精神発達遅滞
初回入金額
約40万円
認定結果
障害基礎年金2級
毎年支給額
約78万円
相談までの経緯
幼少期より、周囲の友達と遊ばない、言葉を話し始めるのが遅い等の症状を自覚していた。小学生の頃に精神発達遅滞と診断され、療育手帳を取得した。
結果
咲くやこの花法律事務所に申請を依頼し、障害基礎年金2級が認定された。

腎疾患

初診日の証明がとれなかったが、2級が認定され、毎年支給額約100万円となった事例

50代男性
傷病名
糖尿病性腎症(慢性腎不全)
初回入金額
約25万円
認定結果
障害基礎年金2級
毎年支給額
約100万円
相談までの経緯
25年以上前に人間ドッグで糖尿病と診断され、その後病院を受診。しかし、体調に異変を感じなかったため、以降20年以上通院が途絶えていた。しかし、足に怪我をした際に化膿し傷が治らなかったことから、通院を再開。インスリン治療を続けていたが、症状が悪化し、人工透析を導入した。 初診病院のカルテが破棄されており初診日の証明がとれなかったが、初めて糖尿病と診断された人間ドッグの結果が取得できたため、参考資料として添付して申請した。
結果
咲くやこの花法律事務所に申請を依頼し、障害基礎年金2級が認定された。

初診日の証明がとれなかったが、2級が認定され、毎年支給額約135万円となった事例

50代男性
傷病名
糖尿病性腎症(慢性腎不全)
初回入金額
約33万円
認定結果
障害厚生年金2級
毎年支給額
約135万円
相談までの経緯
30年以上前に会社の健康診断で数値の異常を指摘され、病院を受診したところ糖尿病と診断された。食事療法や内服治療を続けていたが、腎機能の低下が顕著になり、人工透析を導入。 初診病院のカルテが破棄されており初診日の証明がとれなかったが、2件目の病院のカルテを取り寄せたところ初診日に関する記載がみつかった。2件目の病院のカルテを参考資料として添付して申請をした。
結果
咲くやこの花法律事務所に申請を依頼し、障害厚生年金2級が認定された。/dd>

がん

人工肛門の造設で3級が認定され、毎年支給額約125万円となった事例

50代男性
傷病名
直腸癌(人工肛門)
初回入金額
約185万円
認定結果
障害厚生年金3級
毎年支給額
約125万円
相談までの経緯
会社の健康診断で異常が見つかり、病院を受診したところ直腸癌と診断された。直腸を摘出し人工肛門の造設を行った。
結果
咲くやこの花法律事務所に申請を依頼し、障害厚生年金3級が認定された。

心疾患

ペースメーカー装着で2級が認定された事例

50代男性
傷病名
拡張型心筋症(ペースメーカー装着)
初回入金額
約20万円
認定結果
障害基礎年金2級
毎年支給額
約78万円
相談までの経緯
健康診断で、不整脈が見つかり病院を受診。症状が軽度であったため、特に治療を行うことはなく、年に1回定期検査を受けていた。定期検査で症状の悪化を指摘され、ペースメーカーを装着した。術後の経過は芳しくなく、少しの運動で息切れを起こしたり、胸に痛みを感じるようになった。外出にも家族の付き添いが必要な状態だった。
結果
咲くやこの花法律事務所に申請を依頼し、障害基礎年金2級が認定された。

身体疾患

一度不支給となったが、咲くやこの花事務所に依頼した結果、2級が認定された事例

40代男性
傷病名
脳梗塞後遺症(左半身麻痺)
初回入金額
約6万円
認定結果
障害基礎年金2級
毎年支給額
約78万円
相談までの経緯
激しい頭痛・嘔吐で自宅で倒れ、救急車で搬送されて脳梗塞と診断される。左半身麻痺の後遺症が残った。階段の昇降や立ち座りの動作に制限があり、日常生活に支障が生じていた。一度ご自身で請求をしたが不支給となっていた。医師に障害によって日常生活にどの程度制限が生じているかを伝えるために、ご本人から詳しく日常生活状況を聞き取り資料を作成した。病歴・就労状況等申立書にも、日常生活にどのような制限があるかを詳細に記載し申請をおこなった。
結果
咲くやこの花法律事務所に申請を依頼し、障害基礎年金2級が認定された。