大阪障害年金申請相談サイトについて

・障害年金申請に強い。無料で相談できる話しやすい弁護士。・あなたに代わって弁護士が障害年金請求を代行します。・依頼後は、年金事務所に行く必要はありません。・わずらわしい役所とのやりとりも全て代行します。・着手金0円。障害年金がもらえなかった場合、費用はいただきません。・自分で申請するより、もらえる金額が多くなる可能性があります。・自分でやるより早く請求できるので、早く支給開始されます。・とりあえず無料相談だけ受けたいという方もOK!・症状や家族構成などから、もらえる年金額がわかります。・働いていても障害年金がもらえる可能性があります。・障害年金の条件に当てはまっているか知りたい方。・医師から、診断書の作成や初診日の証明について協力が得られない方。・近畿全域対応。(大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀・三重・和歌山)・大阪市営地下鉄本町駅から徒歩2分。(御堂筋線・四つ橋線・中央線)・ご家族からのご相談もOK。・無料相談は初回のご相談に限ります。最短で即日面談可能!(初回のご相談で障害年金がもらえるか、いくらぐらいもらえるかがわかります。)

障害年金申請相談の無料相談フォーム

障害年金についてお悩みの方へ

障害年金の請求はいつ専門家に依頼すればいいんですか?

弁護士 西川暢春

「障害年金の請求はいつ専門家に依頼すればいいんですか?」というご質問がよくあります。

結論から言いますと、早ければ早いほどいいです。

障害年金の請求をご自身で行うと、医師に作成を依頼する段階でためらって前に進まなかったり、初診日の証明の段階で行き詰ってしまうということがよくあります。

また、医師が診断書を書いてくれても、正しく障害の内容が記載されているか、いただいた診断書で障害年金が受給できるのかどうか、不安に思って前に進めないこともよくあります。

さらに、病歴・就労状況等申立書の記載も、難しいポイントが多くあります。

そして、残念ながら、診断書や申立書の内容に不備があれば、結果として、障害年金が受給できないという結論になったり、あるいは、過去の分を受給できないなどの不利益となって、申請者の方にはねかえってきてしまいます。

また、申請が遅れることについても、「事後重症請求」という請求方法の場合は、請求をした月から障害年金が支給されることから、1か月申請が遅れればその月の年金が受給できなくなります。 たとえば、子供が2人いる方が障害基礎年金2級の場合、1か月申請が遅れることにより受給できなくなる年金の額は10万2400円にもなります。

さらに、過去分をさかのぼって請求する場合も、5年の時効の問題があります。

そのため、障害年金の請求をお考えの場合、早めに専門家にご相談いただくことが、経済的にも専門家の費用を考えてもメリットがあります。 しかも、専門家に依頼すれば、スムーズでストレスがたまらず、ご自身であれこれと心配する必要がありません。

そして、障害年金の請求では、弁護士への依頼がもっとも適切です。

これは、特に、障害年金の申請のための資料を集める際に、弁護士にのみ認められている調査方法があるためです。この調査方法は、弁護士法で認められている「23条照会」と呼ばれる調査方法です。 たとえば、初診日の調査のために、健康保険組合に照会をかけたり、医療機関に照会をかける際に活用することができます。そのため、障害年金の請求を弁護士に依頼するかどうかで、受給できるかどうかの結論が分かれてしまうこともあります。

障害年金の請求をお考えの方はぜひ、できるだけ早く当事務所の無料相談を受けてみてください。「あのときに弁護士に相談してよかった」「一人で悩まずにもっと早く相談すればよかった」と言っていただける日が必ず来ます。

しかも、障害年金の請求を正式にご依頼いただくとなった場合でも、費用は、障害年金が支給されてからの完全後払いですので、先に費用をいただくことはありません。また、障害年金を受給できなかった場合、費用は一切かかりません。 そして、障害年金の受給は場合によっては一生続き、受給者の生活に大きな安心をもたらしてくれるのです。

まずはお電話[【通話料無料】0120-398-387]いただくかご相談予約フォームからご連絡ください。ご相談の可能な日時をお知らせします。

「障害年金が受給できそうかどうか」、「一番よい請求の方法は何か」、「請求の際に気を付けなければならない点はなにか」について、無料でわかりやすくお答えします。

相談しやすい障害年金に強い弁護士が無料相談

障害年金に強い咲くやこの花法律事務所の弁護士紹介

弁護士プロフィール

弁護士名 西川暢春(にしかわ のぶはる) 西川暢春弁護士
所属団体 日本弁護士連合会(登録番号32754)
大阪弁護士会
社会保険労務士会(社労士資格あり)
経歴
昭和55年
奈良県に生まれる。
平成10年
私立大阪星光学院高等学校卒業、東京大学文科一類入学
平成14年
東京大学法学部卒業
平成15年
司法試験合格
 
独立して当事務所を設立
弁護士名 小田 学洋(おだ たかひろ) 小田学洋弁護士
所属団体 日本弁護士連合会(登録番号45900)
大阪弁護士会
経歴 広島県に生まれる。
大阪大学法科大学院卒業
新司法試験合格
最高裁判所司法修習生 大阪弁護士会登録
弁護士名 池内 康裕(いけうち やすひろ) 池内康裕弁護士
所属団体 日本弁護士連合会(登録番号47900)
大阪弁護士会
経歴 兵庫県に生まれる。
大阪府立大学卒業
大阪大学大学院高等司法研究科卒業
最高裁判所司法修習生 大阪弁護士会登録
弁護士名 片山 琢也(かたやま たくや) 片山琢也弁護士
所属団体 日本弁護士連合会(登録番号47901)
大阪弁護士会
社会保険労務士会(社労士資格あり)
経歴 大阪府に生まれる。
京都大学卒業
神戸大学大学院法学研究科卒業
最高裁判所司法修習生 大阪弁護士会登録
弁護士名 堀野 健一(ほりの けんいち) 堀野健一弁護士
所属団体 日本弁護士連合会(登録番号49215)
大阪弁護士会
経歴 大阪府岸和田市に生まれる。
大阪大学法学部卒業
甲南大学法科大学院卒業
最高裁判所司法修習生 大阪弁護士会登録
弁護士名 荒武 宏明(あらたけ ひろあき) 荒武宏明弁護士
所属団体 日本弁護士連合会(登録番号49119)
大阪弁護士会
経歴 滋賀県に生まれる。
大阪大学文学部卒業
甲南大学法科大学院卒業
最高裁判所司法修習生 大阪弁護士会登録
弁護士名 米田 光晴(よねだ みつはる) 米田光晴弁護士
所属団体 日本弁護士連合会(登録番号55056)
大阪弁護士会
経歴 大阪府に生まれ、京都府で育つ。
関西学院大学法学部卒業
関西学院大学大学院司法研究科卒業
最高裁判所司法修習生 大阪弁護士会登録
弁護士名 渕山 剛行(ふちやま よしゆき) 渕山剛行弁護士
所属団体 日本弁護士連合会(登録番号55027)
大阪弁護士会
経歴 北海道札幌市に生まれる。
大阪大学法学部法学科卒業
大阪大学大学院高等司法法研究科修了
司法試験合格
最高裁判所司法修習生 大阪弁護士会登録

▲このページのトップに戻る

相談しやすい障害年金に強い弁護士が無料相談

咲くやこの花法律事務所までのアクセス情報

アクセス

弁護士事務所名 咲くやこの花法律事務所
事務所住所 〒550-0011
大阪市西区阿波座一丁目6番1号MID西本町ビル9階

地下鉄御堂筋線・中央線・四つ橋線本町駅22番出口徒歩1分
お車でお越しの方は大阪センタービル(伊藤忠ビル)の地下駐車場が便利です。

地図

詳細地図

初めて障害年金についてのご相談をお考えの方へ

うつ病や統合失調症など障害年金に関する受給金額や医師の診断書、申請方法、 請求代行についてなど、障害年金の相談に強い弁護士が「わかりやすく・丁寧に」ご説明いたしますのでご安心ください。

「咲くやこの花法律事務所」へのお問い合わせは、以下よりお気軽にご相談(無料)下さい。

障害年金申請相談の無料相談フォーム