よくあるご質問

障害年金の金額に関わる障害の等級について

障害等級3級とは、どの程度の障害ですか?

障害等級3級とは、障害のために労働に著しい制限があるか、著しい制限を加えることが必要な程度の障害です。たとえば、障害のために時短勤務あるいはパートタイムで働いている、障害者雇用で働いているという場合はこれにあたります。

←よくあるご質問へ戻る

障害等級2級とは、どの程度の障害ですか?

障害等級2級とは、障害のために日常生活に著しい制限があり、労働により収入を得ることができない程度に至っている場合です。下着の洗濯や軽食づくりなどができる程度で、病院内の生活であれば活動の範囲が概ね病棟内、家庭内の生活であれば活動の範囲が概ね家屋内に限られる程度の障害です。

←よくあるご質問へ戻る

障害等級1級とは、どの程度の障害ですか?

障害等級1級とは、障害のために日常生活に必要な活動を自分自身で行うことができず、常に援助が必要な程度に至っている場合です。病院内の生活であれば活動の範囲が概ねベッド周辺、家庭内であれば活動の範囲がおおむね寝室内に限られる程度の障害です。

←よくあるご質問へ戻る

障害年金申請相談の無料相談フォーム